『地球の秘密』と坪田愛華さん

地球の秘密と坪田愛華さん

あなたは「地球の秘密」という本を知っていますか?

あなたは、その本を描いた「坪田 愛華」という少女を知っていますか?

坪田愛華さんは、斐川町西野小学校6年生の時に環境問題についての国語の宿題を得意の漫画で表現しました。
2か月後誕生したのが「地球の秘密」です。
しかし、この作品を完成させてから数時間後に突然脳内出血で倒れ、1991年12月27日、わずか12歳でその短い生涯を閉じました。

12年間生きた彼女が、この世に描き遺したメッセージは、
「みんなで協力し合って、美しい地球が出来ればいいです。」

かけがえのない星、地球・・・その地球を心から愛した愛華さん。

「地球の秘密」には、みんなで美しい地球を守って行こうという力強いメッセージがあふれています。

命と引き換えに生まれたと言っても過言ではないこの「地球の秘密」は、環境問題のバイブルとしても、今世界中の人々に読み継がれています。

この本は 現在12か国語に翻訳され、世界中の人々に感銘を与え続けています。

また愛華さんは、1992年にはTOYP大賞(活発な活動により社会に貢献した若者に将来性を顕彰し表彰する)特別賞を受賞。

1993年には世界で環境問題で著しい貢献をした人に贈られる「国連グローバル500賞」を、子どもで初めて受賞しました。

関連記事一覧

関連記事はありません。