あいと地球と競売人について

  • HOME
  • あいと地球と競売人について

『あいと地球と競売人』(あいとちきゅうときょうばいにん)は、坪田愛華による地球環境漫画『地球の秘密』をモチーフとするミュージカルのことです。

斐川町立西野小学校の当時6年生だった坪田愛華(つぼた あいか、1979年11月26日-1991年12月27日)が学校の課題として描き上げた地球環境漫画『地球の秘密』をモチーフにした県民ミュージカル。

1994年の初演以来、県内をはじめ鳥取県や富山県(利賀芸術村)など数十回上演しており、2005年には、愛知万博で上演しEXPOドームで満員の3000人を動員。
2007年には、初めて東京(こどもの城 青山劇場)で上演し、2日で延べ2400人を動員した。

キャストやスタッフは、ほとんどが島根県民であり、1回の公演で250名もの県民が参加している。
キャストは公演ごとに公募し、オケはほぼ地元の吹奏楽団で編成される。

2007年(平成19年度)社会保障審議会児童福祉文化財に推薦された。